給水装置工事の手順

給水装置とは

配水管(道路の下を通る水道管)から分岐して宅地内に引き込まれた給水管と直結する給水用具(止水栓、水道メーター、弁類、給水栓など)を給水装置といいます。

給水装置は個人の財産ですので、水漏れなどの修繕費用は所有者又は使用者の負担となります。ただし道路部分(直結止水栓まで)の修繕は、上下水道局の負担で行います。

給水装置の修繕負担区分

給水装置工事の種類

給水装置の新設、改造、修繕、撤去などの工事をいい、主に次の種類があります。

  • 新設工事

 家の新築などにより、新しく給水装置を設置する工事。

  • 口径変更工事

 家の増改築などにより、給水装置の口径を変更する工事。(メーターの口径変更を伴う工事)

  • メーター位置変更工事

 家の建替えなどにより、引き込み箇所を変更し、メーターの位置を変えるための工事。

  • 雑工事

 宅地内の給水装置(メーターは含まない)の種類や位置の変更、布設替えなどをする工事。

  • 撤去工事

 家などの取り壊しに伴い、給水装置を撤去する工事。

 

給水装置工事の手続き

申込み

天理市指定給水装置工事事業者に依頼してください。

依頼を受けた事業者が、お客様に代わって上下水道局に申込みをします。

天理市指定給水装置工事事業者(PDF:302.8KB)

手続き

主に、次のような手順となります。

  1. 申請用紙への記入
    お客様が記入してください。
  2. 上下水道局へ申込み
    指定給水装置工事事業者が申込みます。
  3. 設計審査
    上下水道局が審査します。
  4. 分担金等の支払い
    上下水道局が納入通知書を発行します。
  5. 道路掘削申請
    分担金等入金後、上下水道局で手続きします。
  6. 工事着工
  7. 工事竣工
  8. 工事検査
    上下水道局が検査します。
  9. 使用開始
    検査合格後、開始届で申込んでください。

給水装置工事に係る費用

給水装置工事の費用には、工事費・手数料・分担金・道路復旧費があり、お客様の負担となります。そのうち、工事費は指定給水装置工事事業者から見積りを取ってください。

手数料・分担金は、上下水道局に納めて頂きます。金額は、次のとおりです。

手数料

  • 設計審査手数料1件につき、1,000円
  • 工事検査手数料1件につき、2,000円

分担金

(消費税等相当額8パーセント含む。)

メーター口径 金額(税込み)
13ミリメートル 81,000円
20ミリメートル 156,600円
25ミリメートル 378,000円
40ミリメートル 1,188,000円
50ミリメートル 2,376,000円
75ミリメートル 4,752,000円
100ミリメートル 管理者が別に定める額
150ミリメートル 管理者が別に定める額
200ミリメートル 管理者が別に定める額

メーターの口径を大きくする場合は、新しい口径と現在使用しているメーターの口径の差額となります。

道路復旧費

給水装置工事で道路を掘削した場合、道路復旧に掛かる費用です。金額は、面積や舗装の厚さなどで異なります。

工事負担金

給水装置工事を申込まれた場所の道路に配水管がない場合や、配水管があっても口径が小さいなどの場合には、配水管を新しく布設したり、大きい口径の配水管に入れ換えたりする必要があります。その場合、工事負担金が掛かり上下水道局に納めて頂くことになります。
負担金の金額は、工事内容などで異なりますが、上下水道局が設計・見積りをします。

費用の支払い

上下水道局が発行する納入通知書により納めてください。納入通知書は、指定給水装置工事事業者を通じてお客様にお渡しします。支払方法は、次のとおりです。

支払方法

  • 銀行振込
    納入通知書により金融機関から振込んで頂く方法(金融機関は納入通知書の裏面に記載してあります)
  • 現金
    直接、上下水道局へ来て頂き、現金で支払いして頂く方法

 

お問い合わせ先
上下水道局給水課
〒632‐8558 奈良県天理市川原城町600番地10
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-63-3415
メールフォームによるお問い合わせ