平成29年度冬の文化財展のご案内

平成29年度冬の文化財展「帰るそなたの丹波市‐JR桜井線の120年‐

 今年は明治31(1898)年に現在のJR桜井線京終・桜井間が私鉄の奈良鉄道によって開業してから120年に当たります。そこで、今回の文化財展では桜井線の歴史を物語る各種資料から、120年のあゆみをご紹介します。

 また第2部として、平成28年度に実施した市内遺跡発掘調査の成果を速報としてご紹介します。

展示案内

テーマ

「帰るそなたの丹波市‐JR桜井線の120年‐」

「平成28年度発掘調査速報展」

期間

平成30年2月3日(土)~2月25日(日) 9時~17時
[注意]月曜日、11日(日・祝)~13日(火)は休館

会場

天理市文化センター1階展示ホール 入場無料

主催 

天理市教育委員会

主な展示 

桜井線関係の絵図、文書、写真等

平成28年度に実施した市内遺跡の発掘調査成果

天理市指定文化財「木造毘沙門天立像」について

文化センター

文化財講演会

冬の文化財展の期間中に展示内容に関連した講演会を開催します。
入場無料・申込不要です。お気軽にお越しください。

日程

平成30年2月25日(日) 14時~16時30分

講師

「天理の近代化と桜井線」北口聡人(文化財課)

「ヒエ塚古墳第3次調査」村下博美(文化財課)

「宮古北遺跡第21~23次調査」柴田将幹(田原本町文化財保存課)

会場

天理市文化センター1階展示ホール

文化センター

地図情報

お問い合わせ先
文化財課
〒632-0017 奈良県天理市田部町441番地2
電話 0743-65-5720
ファックス 0743-65-5720
メールフォームによるお問い合わせ